出っ歯の改善例

 

出っ歯の改善例

画像: 画像: 画像: 画像: 画像: 画像:
画像: 画像: 画像: 画像: 画像: 画像:

治療の途中経過を見る

診断名

上顎前突症

主な症状

骨格的に下あごの位置が後ろに下がっていて、なおかつ、上の前歯が前方へ突出していることによる上顎前突症でした。成長期のスパートとしては後半で積極的な下あごの成長コントロールが治療上必須となる症状です。ご本人の矯正治療に対する協力度も高く、良好な成長コントロールが達成され、同時に、上下の前歯の角度やでこぼこ、口元の突出感に関しても改善が得られ、緊密なかみ合わせが得られました。適切なタイミングで、適切な治療を行うことが重要です。矯正治療上のリスクとして、虫歯の発生、歯根吸収、歯肉炎・歯周炎の発生、などが考えられた。本症例では幸いにも、そのような望ましくない偶発症状は認められず、無事に動的治療を完了することができた。

治療内容

上左右の第1小臼歯、下左右の第2小臼歯を抜歯したマルチブラケット治療

年齢・性別

14歳・女性

治療に用いた主な装置

治療期間

2年8ヵ月

治療費

装置料・基本契約施術料として90万円(税別)。その他として検査料3万5千円、診断料1万5千円、毎月の調整料3〜6千円(税別)。

治療費・お支払方法

20〜30分 | 3,300円 税込 | ご予約制
電話予約 03-3981-9679